COCOブログ

2022.02.24更新

インビザラインは、患者さんに最初にお渡しする数十枚のマウスピースのみで治療が完了する事はほとんどありません。ほとんど場合、リファインメントといって治療計画の修正作業が必要になります。

計画通りに歯が動かない時のリファインメントって?

◆なぜ計画通りに治らないのか?
インビザラインでは、少しづつ歯列の形状が異なる薄いプラスティックシートを順番に装着していく事で、コマ送りのように歯を移動させていきます。
そもそもマウスピース矯正装置は、20年前まで軽度の歯列の不揃いや軽度の回転のみしか対応はしていませんでした。それが、アタッチメントや素材の進歩により回転や歯根の移動など難しい動きが可能となりました。
ですが、規定通り装着していてもマウスピースの矯正力が全て歯に伝わるわけではありません。様々な理由で、矯正力のエネルギーロスが発生するからです。海外の研究報告で、「インビザライン社マウスピースでは2週間交換使用で平均73%歯の動きが達成された」というデータもあります。現在ではマウスピースを1週間交換で進めていくのが主流ですので、実際の数値はもう少し低いと思います。おそらく歯の動きの達成度は平均70%程度ではないかと推測されます。

◆リファインメントと追加アライナー
普通、初回のマウスピースで達成できなかった歯の動きは、「リファインメント(修正)」という作業を行い改善していきます。リファインメントでは再度歯列のデータを取り、初回の治療計画で足りなかった部分や、治療計画からズレきている部分を確認します。そして新たな治療計画を追加し、続きのマウスピースである追加アライナーを発注します。
追加アライナーを使用していく事でアップライトと呼ばれるような奥歯の倒れ込みの改善、歯の回転不足の調整、奥歯の上下の噛み合わせの調整など行っていきます。

◆リファインメントの回数と期間
リファインメントの回数は2回程度が一般的です。これは、前述のようにマウスピースの歯の動きの達成度が平均70%だからです。普通であれば、70%(0)→91%(1)→97%(2)…といった感じで歯列が完成していきます。難症例ではなく、装着時間も問題なければ、2回のリファインメントでおおよそ完成に近い95%を超えます。マウスピース型矯正治療は常にマウスピースを一層かんだ状態で進めていきますので、噛み合わせが100%になる事はありません。ですので、ここが治療のゴールになる事が多いです。
注意点は、リファインメント後すぐ追加アライナーが使えるわけではない事が挙げられます。医院によって治療計画の作成期間は異なります。さらに海外から郵送期間とその後の準備も含めると、待機時間は大体1~2か月になります。追加アライナーのマウスピースの量は20枚以内に設定する事が多く、1回リファインメントで完了まで最低半年くらいかかると考えていただくと良いと思います。

◆「リファインメントなし」あるのか
初回のマウスピースで歯の動きの達成度が95%を超えた場合は、リファインメントをせずに終了する事もあります。このようなケースは、元々の歯並びの不揃いが軽度で噛み合わせの問題が少ない方になります。

投稿者: COCO DENTAL CLINIC

予防から治療まで
歯のことなら私たちにおまかせください

常に患者様の立場に立った診察・治療を心がけています
少しでも気になる事がございましたら、お気軽にご相談ください

  • 058-320-3055 診療時間 9:00~12:30 / 15:00~20:00
  • bnr_tel_spimg.jpg
  • メールフォームはこちら 24時間受け付けておりますメールフォームはこちら 24時間受け付けております
  • 058-320-3055
  • メール問合わせ