小児歯科

お子さまが通いやすくなるための取り組み

当院では、お子さまのペースに合わせて治療を行っています。大人の都合で無理やり行う治療は長続きしないと考えているからです。

特に歯医者が初めてのお子さまは、「歯医者がこわい」というイメージを持っている方が多いものです。そこで、まずはコミュニケーションを取り、不安やこわさを取り除くことからスタート。場合によっては、お話をするだけの診察もありますが、今後の治療をスムーズに続けていくために大切なステップであると考えています。

お子さまの診察には、お母さま・お父さまも診察室へお入りいただき、お子さまの頑張っている姿や治療の様子を見ていただいております。また、歯磨き指導などはご家庭で実践していただけるように、親子で一緒に学んでもらっています。

そして、院内は従来の歯医者にはない、明るい雰囲気にこだわっています。さらに、歯医者特有のにおいをなるべくなくし、キッズルームを設置。お子さまが入りやすい環境になっています。女性歯科医師も常勤しておりますので、安心してご来院ください。

来院前に、お母さま・お父さまに気をつけてほしいこと

私たちがお母さま・お父さまにお願いしたいのは、「歯医者はこわいところ」というイメージづけをしないでくださいということです。

お子さまが歯医者に対してネガティブな印象を持っていると、たとえ歯のチェックだけだったとしても、診察や治療を行うまでに時間がかかってしまうことがあるからです。

お子さまは、大好きなお母さま・お父さまの言葉をよく聞いています。お子さまの歯の健康を守るためにも、「歯医者で歯をきれいにしてもらおうね」「歯が元気になると嬉しいね」など、ぜひ前向きな声かけをしてあげてください。

歯医者にかかるタイミング

お子さまのむし歯は、進行するスピードが早いものです。また、お子さまはむし歯になっていても痛みを感じることが少ないため、気づいたころにはだいぶ進行していることがあります。3ヶ月に1回は定期検診を受け、歯だけでなく口腔内全体に異常がないかをみてもらうようにしましょう。

初めての歯医者は、生後10ヶ月~1年(歯が生えるころ)からがおすすめです。まだ抵抗のないうちから定期的に歯医者へ通うようにすると、お子さまが歯医者嫌いになることが少なく、むし歯などの早期発見・早期治療が可能となります。

お子さまの成長度合によって気をつけること

乳歯が生えたてのころ

生えたての歯は、「いかに酸にさらさないか」「歯の表面に汚れをつけないか」ということが大切です。たとえ母乳だけのお子さまでも、口腔内には菌が発生し歯も汚れます。

お母さま・お父さまは、このころからお子さまに歯磨きをしてあげるようにしましょう。まだ歯が少ないうちはガーゼで拭き取るだけでも構いません。歯が増えてきたら、子ども用歯ブラシを使って1本ずつ丁寧に磨いてあげてください。

この時期もしくはそれ以前から、お子さまの口の中に異物をいれる練習をしておくと、歯磨きをするときもそれほど抵抗なく行うことができます。また、歯医者で器具を使って診察をする際も、スムーズに行うことができます。

永久歯に生え変わるころ

長い間ぐらぐらしている歯がある場合は、歯医者でみてもらうようにしましょう。歯のすき間から汚れが入り、下の永久歯がむし歯になったり、歯肉炎になったりすることがあるからです。場合によっては抜歯などを行い、むし歯にならないようにします。

歯の生え変わりの時期には個人差がありますが、「この時期になっても、まだ乳歯が抜ける気配がない」といった場合には、一度ご来院ください。

永久歯が生えそろったころ

この時期に多いのが、「歯が欠けた」「歯が折れた」「歯が生えてこない」などのトラブルです。まずはご来院いただき、写真を撮って検査を行います。そのうえで、治せるところは治していきます。お子さまの場合はまだ成長過程ですので、代替処置を行って大人になるまで待つこともあります。

何かトラブルがあった場合、すぐに歯医者へお越しいただくようお願いします。

お子さまならではの「歯のトラブル」

お子さまによくある歯のトラブルは、以下のようなことがあげられます。不安に感じられたら、まずはご来院いただき、診察を受けることをおすすめします。

1歳過ぎても乳歯がなかなか生えない
乳歯が抜ける前に、下から永久歯が生えてきた
乳歯が抜けた後、永久歯が生えてこない
乳歯がなかなか抜けない・生え変わらない
生え変わりが右と左で違う
歯をぶつけた
歯が欠けた・折れた
歯ぐきがぷくーっと腫れる

仕上げ磨きについて

当院では、お母さま・お父さまに対して、「お子さまの仕上げ磨きは、なるべく長い期間続けていただきたい」とお願いしております。せめてお子さまが小学校を卒業するまでは、最低でも週に1回は仕上げ磨きを行っていただき、お子さまのお口の中をよく知り、スキンシップを取ってあげてほしいと考えております。

仕上げ歯磨きの習慣は、お子さまに乳歯が生えたらすぐに始めましょう。まだ歯が少ないうちはガーゼで拭き取るだけでも構いません。歯が増えてきたら、子ども用歯ブラシを使って1本ずつ丁寧に磨いてあげてください。

小さいころから仕上げ磨きを行うことで、お子さまが歯磨きを嫌がらなくなり、自然と歯磨きの習慣をつけることができます。また、お母さま・お父さまがお子さまのお口の状態を知る、良い機会にもなります。ご家族みんなで、お子さまの歯の健康を守ってあげてください。

予防から治療まで
歯のことなら私たちにおまかせください

常に患者様の立場に立った診察・治療を心がけています
少しでも気になる事がございましたら、お気軽にご相談ください

  • 058-320-3055 診療時間 9:00~12:30 / 15:00~20:00
  • bnr_tel_spimg.jpg
  • メールフォームはこちら 24時間受け付けておりますメールフォームはこちら 24時間受け付けております
  • 058-320-3055
  • メール問合わせ