一般歯科

むし歯で心がけていること

当院では、「なるべく痛みを少なく」「なるべく削らず」「なるべく歯や神経を抜かない」むし歯治療を行うよう、心がけています。

もちろん、進行が早い人・遅い人など、患者様によって状況はさまざまですので、「必ず」ということはありません。

しかし当院では、どんな場合でも患者様のご要望をお伺いし、そのときにできるベストな方法をご提案し、ご納得いただいてから実際の治療に進むようにしています。

早期治療の重要性

むし歯は、早い段階で気づいて治療することができれば、それだけ治療回数を少なく、また痛みも少なくすることができます。

逆にむし歯を放っておいて進行が進んでしまうと、治療回数が増え、治療に長い期間がかかってしまいます。また、患者様のなかには、ゴールが見えないため、治療を途中で断念される方もいます。こうしてさらにむし歯を放っておくと、ひどい場合は神経を抜いたり、抜歯をしなければいけなくなります。

患者様の今後のためにも、むし歯は早期発見・早期治療が望ましいと考えています。

神経を抜く、抜歯になってしまうむし歯とは

当院では、「なるべく歯や神経を抜かない」方向でむし歯治療を行っています。しかし、「残しておくと痛みが出る」と判断した場合は、患者様の将来のことを考え、抜歯することをおすすめしています。

ただし、その場合でも、患者様としっかりお話してご納得いただけるようにしております。その際は、口腔内カメラの写真を見ていただきながら、「どうして抜く必要があるのか」「残しておくと今後どうなるのか」など、具体的な状況をご説明しております。

治療を途中でやめてしまうリスク

治療によって歯の痛みがなくなり、日常生活に支障がなくなると、患者様のなかには治療を途中でやめられてしまう方もいらっしゃいます。

確かに、痛みがなくなれば、多少不具合があっても日常生活をおくることができ、食べ物を噛むこともできるようになります。しかし、歯は左右上下のバランスがとても大事です。どちらか片方に不具合があると、反対側の歯に痛みが出てきたり、不具合が生じたりすることが多くあります。

今後のためにも、最後まで治療を頑張って続けましょう。当院では、治療に前向きになっていただけるよう、むし歯治療をする際には、おおまかなゴールを設定するようにしています。スタッフ一同、患者様の歯を支えてまいりますので、一緒に頑張りましょう。

治療後のメンテナンスについて

「むし歯が治ったら終わり」ではなく、今後またむし歯にならないよう、定期検診や歯周病チェックなどのメンテナンスを行いましょう。

口は歯だけではなく、歯茎や舌、あごなどが連動しているので、口腔全体のチェックを行うことも大切です。

むし歯治療が終わってすぐが、口腔内の予防意識が一番高い時期です。これを良い機会ととらえ、定期的な歯の検診や口腔内のチェックを行うようにしましょう。

予防から治療まで
歯のことなら私たちにおまかせください

常に患者様の立場に立った診察・治療を心がけています
少しでも気になる事がございましたら、お気軽にご相談ください

  • 058-320-3055 診療時間 9:00~12:30 / 15:00~20:00
  • bnr_tel_spimg.jpg
  • メールフォームはこちら 24時間受け付けておりますメールフォームはこちら 24時間受け付けております
  • 058-320-3055
  • メール問合わせ