COCOブログ

2022.01.13更新

部分矯正とは

部分矯正は気になるところだけ一部を矯正する方法です。「プチ矯正」とも呼ばれます。
たとえば、「上の歯の1本だけ奥に引っ込んでいる歯並びを揃えたい」とか「下の前歯だけ重なりがあるのでそこだけ治したい」といった場合に、一部分だけ矯正装置を付けて歯を動かす方法です。

◆どんな歯並びが治せるの??

どんな歯並びが治せるの??

基本的に軽微な歯並びのズレが適応です。
部分的に治すことが目的なので、どちらかといえば「審美的改善」目的が強いでしょう。
少し歯と歯が重なり合っていたり凸凹がある部分で、歯並びを整えられるだけのスペースがある場合。逆に一部分だけすきっ歯の場合などは部分的な矯正で並びを整えることができます。

◆軽微なズレに見えても治せない場合もあります

歯並びだけ見れば軽微なズレに感じる歯並びでも、実は全体的に噛み合わせにズレがあるといった場合には全体的な矯正が必要になることもあります。
歯は上下左右の歯が噛み合うべき形状になっています。正しい位置で噛めていないと、たとえ見た目にきれいに並んでいても正しく機能していないこともあるのです。

部分矯正のメリットとは?

◆矯正期間が短い

矯正期間が短い

部分矯正で動かすのは一部の気になっている部分だけです。ですから、全体的に歯を動かす矯正に比べて治療期間が短く済みます。
たとえば、治療期間に感じる痛みや違和感を感じる期間も短く済むということになります。
全体矯正が約3年の治療期間であるのに対し、部分矯正は1~2年で済むといわれています。

◆全体矯正に比べて価格がリーズナブル

装置が部分的に済むことや治療期間が短いこともあり、その分矯正治療費を押さえることができます。

デメリットも知っておきましょう

部分矯正では、全体の矯正に比べて「できないこと」がいくつかあります。
これらのデメリットを理解した上で、それでもよいと了承されてから治療を始めることをおすすめします。
そのためにも、部分矯正のデメリットを理解しておきましょう。

◆歯を動かす上での自由度が低い

先ほどもご紹介しましたが、部分矯正は一部分だけを動かす矯正なので、動かしたい位置に歯が並ぶだけのスペースがないと難しいです。スペースを確保するためには他の歯も動かす必要がありますが、部分矯正にはそこまでの作用が望めません。

◆噛み合わせの改善は期待できない

部分矯正では全体の噛み合わせのバランスを整えるまでの作用はありません。
噛み合わせのバランスが悪いまま歯並びだけ整えたとしても、結局他の歯に負担が大きくかかることになるケースもあります。
歯並びは整って見えても、噛み合わせにズレがあれば、結局後戻りしてしまうリスクもあります。

◆骨格的な改善はできない

噛み合わせと同じく、骨格的な歪みやズレは改善されません。
骨格的に上の顎が突出していたり、受け口になっている場合は、歯並びが揃っても出っ歯や受け口はさほど改善された感じがしないというケースもあります。
あくまでも部分的な歯並びを揃えるだけの効果であることを理解しておく必要があります。

部分矯正はインビザラインでも可能

部分矯正はインビザラインでも可能

部分矯正では、インビザラインを用いた方法もあります。
マウスピースを装着した際にかかる圧力で、歯並びを本来の位置に整えていくのです。
透明な素材でできているため、矯正中であることに気づかれにくく、部分矯正よりも装着中の違和感が少ない装置です。
また、自身で着脱できるので、歯みがきしやすいのもメリットといえるでしょう。

投稿者: COCO DENTAL CLINIC

予防から治療まで
歯のことなら私たちにおまかせください

常に患者様の立場に立った診察・治療を心がけています
少しでも気になる事がございましたら、お気軽にご相談ください

  • 058-320-3055 診療時間 9:00~12:30 / 15:00~20:00
  • bnr_tel_spimg.jpg
  • メールフォームはこちら 24時間受け付けておりますメールフォームはこちら 24時間受け付けております
  • 058-320-3055
  • メール問合わせ