インプラント周囲炎について

インプラント周囲炎は、埋入したインプラントの周辺組織が炎症を引き起こす症状を指します。 その原因は、天然歯で起こる歯周病と同じく細菌感染によるものです。インプラントには歯根膜がないので、天然歯に比べ細菌への抵抗力がないため、炎症や骨吸収されてしまう速度が非常に早いのが特徴です。
インプラント周囲炎は、術前の対応と術後のメンテナンスの2つに注意しなければならないリスクファクターが存在しています。

インプラント周囲炎のリスクファクター

術前のリスクファクタ−

インプラント周囲炎は術後のメンテナンス不足によって引き起こされるという認識がありますが、手術の前の治療が不完全だったために引き起こされる可能性もあります。
歯周治療が不完全だったがために、インプラント埋入後に周囲炎になってしまう可能性があります。インプラントは埋入することだけでなく、リスクを最大限解決したあとに治療をすることが求められます。
また、インプラントの埋入位置や上部構造(被せもの/クラウン)のクオリティが悪いため、清掃が出来ない部分が生まれてしまい、それにより炎症を引き起こす可能性が往々としてあり得ます。
ですので、インプラント周囲炎が引き起こされる原因を根絶し、治療に入ることが何よりも重要なのです。それは患者様のブラッシングやメンテナンスに対するモチベーションを習慣化することも、もちろん重要となります。

術後のリスクファクタ−

術後のリスクは口腔内が不衛生な状態を長く引きずってしまうことです。
インプラント周囲炎も歯周病と同じ細菌によって引き起こされるので、食後のブラッシングや定期的なメンテナンスを行わなければ、当然悪影響を及ぼします。
また、術後に喫煙をすることにより、煙草に含まれる一酸化炭素が血管収縮や酸欠状態になるために酸素が全身に供給される量がへり、発症リスクを高めます。これも歯周病と同じです。
その他にも、糖尿病患者さんや貧血の方も注意が必要です。
しっかりと生活習慣を変え、定期的なメンテナンスをすればそのリスクを低下させることができます。

インプラント周囲炎になってしまったら

インプラント周囲炎は歯肉に限局する場合と骨組織まで進行しているものに分けられます。
インプラント周囲炎は歯周病と同じような症状ですが、大きく違うのは炎症が直接骨まで届いてしまうことにあるので、天然歯に比べて周囲の組織に対する影響は非常に大きいです。
したがって、インプラント周囲炎は早期発見・早期治療が求められます。

インプラント周囲粘膜炎

インプラント周囲粘膜炎とは、埋入したインプラント周囲の歯肉に炎症が限局しており、骨吸収を伴っていない状態のことを指します。更に悪化しないよう早期治療を行う必要があります。

インプラント周囲炎

インプラント周囲炎は、炎症が骨組織まで及んでる状態を指します。炎症が直接骨に届いてしまうため、歯周組織の破壊される状態は歯周病よりもインプラントの方が悪いと言えます。放置をすると最終的にインプラントが抜け落ちてしまいます。

インプラント周囲炎の予防法について

セルフケアを徹底して行いましょう

セルフケアはインプラント周囲炎に関わらず、口腔内を清潔に保つためにとても重要です。
毎日正しいブラッシングを行いつつ、歯科医院で定期メンテナンスを受けることで、更にリスクを下げることができます。

定期メンテナンスに必ず通いましょう

インプラントは歯周病と同じく細菌によって引き起こされる病気です。その元を断つためにも定期メンテナンスに通う必要があります。
また、セルフケアのチェックを行い、正しいブラッシング方法を習得することで、そのリスクを下げることができます。

生活習慣を見直しましょう

糖の多い食生活・喫煙・睡眠不足などの悪習慣は改善しましょう。インプラント周囲炎を引き起こす原因になるだけでなく、歯周病や虫歯のリスクも高まります。良い生活習慣は、病気のリスクを下げるために大切なポイントになります。

予防から治療まで
歯のことなら私たちにおまかせください

常に患者様の立場に立った診察・治療を心がけています
少しでも気になる事がございましたら、お気軽にご相談ください

  • 058-320-3055 診療時間 9:00~12:30 / 15:00~20:00
  • bnr_tel_spimg.jpg
  • メールフォームはこちら 24時間受け付けておりますメールフォームはこちら 24時間受け付けております
  • 058-320-3055
  • メール問合わせ