インプラントとは

インプラントとは、顎の骨に人工の歯根を埋め込み、そこに人工の歯を装着する治療法です。
この治療により、ご自身の歯とほぼ同等の咀嚼機能を回復することができます。
またインプラントを埋入して歯を補うだけではなく、骨や歯肉を再生してよりご自身の歯のような見た目に近付けることも可能です。

インプラントと従来の治療法は何が違うのか

インプラントは、入れ歯やブリッジとは違い、違和感や異物感に悩まされることがほとんどなく、ご自身の歯のようにしっかり噛むことができ、自然で美しい「歯」を手に入れることができる治療法です。

入れ歯とブリッジは残っている歯にどうしても負担がかかってしまうため、徐々にご自身の歯が弱ってくる可能性があり、健康な歯がどんどん悪くなってくるリスクがあります。

インプラントは残っている歯への負担が少ない治療なため、残っている歯の寿命を伸ばすことが可能です。

歯が1本ないケース

インプラント

歯のないところのみを治療するので、他の健康な歯を削ることや傷めることがありません。単独の歯として出来上がるので、見た目にも自然な仕上がりにすることが可能です。

入れ歯

プラスチックや、金属床、歯に引っ掛ける止め金が必要になるため装着していると違和感を感じやすく、食べ物の温度を感じにくくなる事があります。

ブリッジ

歯のないところの両側の健康な歯を削り、文字通り橋を架けるようにクラウンを被せます。

歯が複数本ない場合

インプラント

本来のバランスがとれるため、噛む力による負担を減らすことができます。

入れ歯

1本欠損と同じように、歯のない箇所の両側にある健康な歯へ大きな負担がかかってしまいます。そのためダメージが積み重なると健康な歯を失うリスクが高まります。

ブリッジ

歯のない所に入れるクラウンの歯肉部分が不衛生になる可能性があります。

完全に歯がない場合

インプラント

オールオン4であれば、埋入するインプラントの数を最小限に抑えることが可能なため、費用や身体の負担を抑えながら、天然歯と同等な咀嚼力・審美性を取り戻すことが可能です。

入れ歯

土台になる歯がないため総入れ歯になります。うまく合わない場合では食事がおいしくない、話しにくい、外れやすいなどの問題が生じます。

インプラントのメリット・デメリット

インプラント治療のメリット

よく噛める

ご自身の歯と同様に噛むことができるので、食べ物の味や感触が伝わります。食べ物を美味しく食べることができるため、生活の質の向上につながります。

歯を守る

残った歯や周囲の組織を傷めることがないため、周りの歯に負担をかけることはありません。しっかりと噛むことで骨が活性化され、顎の骨の吸収を防ぐことができます。

仕上がり

仕上がりが自然で、入れ歯のように外れる心配がありません。また自分の歯と同じような見た目になるため、気付かれることもほとんどありません。

全身の健康

しっかりとした咀嚼は、全身の健康につながります。噛むことによって脳が活性化されるため、認知症予防にもつながります。

効果が続く

非常に耐久性が優れており、定期的なメンテナンスをすることで、他の治療よりも長持ちさせることができるため残っている歯を守ることができます。

安全性

インプラントの素材であるチタンは、心臓のペースメーカーにも使用されるほど人体への親和性が高い特徴があります。

インプラント治療のデメリット

保険適用外

インプラントによる治療は自費治療であるため、費用が高額になります。

手術が必要

入れ歯やブリッジといった治療と違い、外科的手術が必要です。

術後のケア

インプラントを長持ちさせるためには、メンテナンスが大切です。ご自身の残りの歯を守るためにも定期的に歯科医院に通う必要があります。

術後の症状

手術後は痛みや腫れが生じることがあります。痛み止めや抗生物質を処方しますので、歯科医師の指示に従って服用してください。

治療期間

入れ歯やブリッジに比べて治療期間が長くなります。

不適応

重度の歯周病や全身疾患ある方は前もって場合は、インプラント治療の前に、病気の治療が必要となります。
また妊娠を考えられている方や、妊娠の可能性がある方はすぐに治療しない方が良いでしょう。

インプラント治療における注意点

手術が不安な方は事前にご相談ください。
手術前日は、体調を整え、睡眠を十分にとるようにしてください。
手術直後は若干の出血がありますが、うがいを頻繁に行ったり、強く行ったりしないでください。傷の治りが遅れる場合があります。
治療箇所を指や舌で触れないようにしてください。傷の治りが遅れたり、感染のリスクを高めたりする場合があります。
上顎の治療(ソケットリフト・サイナスリフト)を行った場合、強く鼻をかまないようにしてください。また、鼻血が出る場合がありますが、特に問題はありません。
術後に痛みや腫れが生じる場合があります。痛みがある場合は、痛み止めを服用してください。腫れは数日で引いていきます。
手術当日から食事ができますが、治療した箇所で噛まないようにしてください。
手術当日は、刺激の強い食べ物やアルコールは控えてください。
喫煙は、傷の治りを悪くするなど予後に影響するため、極力控えるようにしてください。(原則禁煙をお願いします。)
手術当日は、激しい運動や入浴を控えてください。(シャワーで済ませてください)
処方される痛み止めや抗生物質は、医師の指示に従って服用してください。(抗生物質は、症状の有無に関係なく最後まで飲み切ってください。)
手術当日は、自動車・自転車の運転は極力避けていただきます。
術後の歯磨きは、歯科医師・衛生士の指示に従って、処方された歯ブラシを使用してください。

予防から治療まで
歯のことなら私たちにおまかせください

常に患者様の立場に立った診察・治療を心がけています
少しでも気になる事がございましたら、お気軽にご相談ください

  • 058-320-3055 診療時間 9:00~12:30 / 15:00~20:00
  • bnr_tel_spimg.jpg
  • メールフォームはこちら 24時間受け付けておりますメールフォームはこちら 24時間受け付けております
  • 058-320-3055
  • メール問合わせ