お口の中のトラブルというのは、歯に関するものだけではありません。

歯周組織のひとつである歯茎が赤く腫れたり、歯茎から出血したりすることもあります。とくに、歯茎が黒くなるようなことがあれば要注意です。お口の中に歯茎を黒くする原因があることは想像できますが、それがもしインプラント治療であったらどうでしょうか。ここではインプラント治療によって歯茎が黒くなる可能性やその対処法について詳しく解説します。

歯茎が黒くなる原因とは?

一般的に、歯茎が黒くなる原因としては、銀歯から溶け出した金属イオンの沈着が挙げられます。保険診療で作った銀歯というのは、長い間使用を続けていく中で、その成分の一部が溶け出すことがあるのです。具体的には、唾液などの刺激にさらされることで、銀イオンなどが溶け出し、歯茎に沈着するようになります。その結果、歯茎が黒くなることもめずらしいことではありません。

それから、喫煙習慣がある人も、歯茎が黒くなることがあります。タバコにはヤニなどの着色性物質がたくさん含まれていたり、煙による刺激によってメラニン色素が沈着したりするため、歯茎が黒くなってしまうことがあるのです。また、喫煙に関しては、歯も着色されることがあります。
おそらく、歯茎が黒くなる一般的な原因はこの2つといえます。さらに、インプラント治療も歯茎が黒くなる原因になることがあります。

どうしてインプラントで歯茎が黒くなるの?

インプラント治療では、保険診療で使用する銀合金は用いられませんし、何が原因で歯茎が黒くなるのか不思議に思われる方も多いことでしょう。確かに、チタンという金属は使用しますが、とても腐食されにくく、歯茎が黒くなる原因にもならなさそうです。実際、インプラント治療で歯茎が黒くなることがあるのは、金属イオンの溶出ではありませんが、金属の色が透けて見えることで、歯茎が黒く見えることがあるのです。

どうしてインプラントで歯茎が黒くなるの?

インプラントの上部構造というのは、主にセラミックやジルコニアで作られています。歯の色や質感に似た素晴らしい材料で、装着後は歯列に調和して天然の歯と見分けがつかないくらいです。そのため、金属が使われているのはアバットメントやインプラント体の部分となります。これらは通常、口腔内に露出されることはありませんし、透けて見えるようなこともまずありません。けれども、歯茎の状態が変化すると、インプラントの一部が歯茎を通して透過されることがあるのです。これがインプラント治療によって歯茎が黒く見えるメカニズムです。

予防から治療まで
歯のことなら私たちにおまかせください

常に患者様の立場に立った診察・治療を心がけています
少しでも気になる事がございましたら、お気軽にご相談ください

  • 058-320-3055 診療時間 9:00~12:30 / 15:00~20:00
  • bnr_tel_spimg.jpg
  • メールフォームはこちら 24時間受け付けておりますメールフォームはこちら 24時間受け付けております
  • 058-320-3055
  • メール問合わせ